リハビリテーション トップへもどる
リハビリテーションとは、心身に障害があるものが社会人としての生活ができるようにすることです。実際には、
心身に障害がある人の社会復帰を促進することにより身体的・精神的・社会的・職業的にその能力を最大
限に発揮させ、最も充実した生活ができるようにすることを目的とします。
     
●理学療法(PT)
●作業療法(OT)
●言語聴覚療法(ST)
 
リハビリにおける専門療法には理学療法:PT・作業療法:OT・言語聴覚療法:STがあります。
理学療法(PT)とは
  障害や加齢によって日常の動作(起きる・座る・立つ・歩く)が困難となった方々に対し、その動作能力の改善・ 残存機能の維持を目的とし、手足の運動・動作の練習を行います。また、より安全・安楽に生活していただくために補助器具(杖・歩行器・車椅子)の斡旋、生活環境の調整を行うとともに、ご家族への支援も行います。
作業療法(OT)とは
 身体または精神に障害のある方に対してその応用能力・社会適応能力の回復を図るため、いろいろな活動を用いて治療(訓練)を行います。また、障害があっても残された能力を最大限活用できるよう日常生活で実際に行う動作の方法を説明・指導したり、補助用具(自助具・福祉用具・車椅子など)の説明・指導も行います。
言語聴覚療法(ST)とは
 脳血管疾患などにより起こる、コミュニケーション障害がある方に対して援助を行います。コミュニケーション障害には、ことば(話す、聴く、読む、書く)、聞こえ、声や発音などの問題があり、それぞれの方が持つ問題にあわせた指導・訓練を行います。また、食べる機能に問題がある方に対する指導・訓練も行います。
●チームアプローチについて
医師、看護師、ケアワーカー、リハビリ療法士、栄養士、薬剤師、支援相談員、ケアマネージャーなどの専門職が参加し、意見を出し合う事で患者さん一人一人にとってより効果的な支援を検討し実践していきます。
■チーム構成
●医師  ●理学療法士
●看護師 ●作業療法士
●ケアワーカー ●言語聴覚士
●ソーシャルワーカー ●管理栄養士
●ケアマネージャー ●薬剤師
  
 
もどる